なぜSEO対策が必要なのか

検索エンジンの現在の環境
インターネットを利用したビジネスに少しでも携わった人であれば、「対策 SEO」という言葉を耳にしたことがないということはないはずです。書店に行けば、SEOについて書かれた書籍は数多く並び、IT系の雑誌の中にもSEOに特化したものが多く発行されています。
SEOは、ここ数年のうちに確実に市民権を得た言葉となっています。
では、SEOとは一体何でしょうか。
SEO 対策 無料SEOとは、“Search Engine Optimization” の略で「検索エンジンの最適化」と日本語で訳されています。「検索エンジンの最適化」とは、Yahoo!JAPAN、Google、MSNといった大手検索エンジンでの検索結果で、SEO 対策 無料より上位に現れるようにする技術を言います。

なぜそんなことが必要なのでしょうか。最近では、「○○で検索」と言った広告が目立って増えています。SEO 対策 無料近年ではインターネットがごく当たり前に日常の中で、生活のツールの一つとして使われ、何か調べ物や買い物をする際に「ネットで検索する」という行動が自然になってきています。SEO 成功報酬
その際に、自らが欲する物を示した「キーワード」を検索エンジンに入力し、その検索結果の上位に反映されたホームページがより多くの方から閲覧されるということになるのです。
もし、入力した「キーワード」に合致したページが、欲しい情報が得られるページが検索結果になかった場合はどうすると思いますか?ある調査機関が発表した「検索結果に満足できなかった場合の対応方法の調査結果」によると、下記のような結果が出ています。

≪検索結果に満足できなかった場合の対応方法の調査結果≫

キーワードを変えて検索しなおす      46%
キーワードを追加して検索しなおす     45%
検索エンジンを替える           6%
ポータルサイトのカテゴリで探す      1%
あきらめる                2%

つまり、90%以上のユーザーが検索エンジンを重要視していると同時に、依存度の高さを反映しているということが言えます。逆に言えば、「検索エンジンに反映されないホームページは誰からも見向きもされない」ということになるのではないでしょうか?格安 SEO 対策こういった状況にある昨今、インターネットをビジネスの一環として利用していくのであれば、SEOに対しての意識をさらに強く持つ必要があることは言うまでもありません。

では、ユーザーは検索結果の何ページまで見ているかご存知でしょうか?ユーザーが「検索エンジン」に依存しているとは言え、ある統計によると、約80%のユーザーが3ページ目までしか見ていないという結果が出ています。儲かる情報 裏情報
Yahoo!JAPANもGoogleも1ページには10サイトしか反映されませんので、3ページと言えば順位にすると30位です。SEO対策をする上で、自社が提供するサービスや商品を示す「キーワード」において、検索エンジンで最低30位以内、理想を言えば検索結果がパソコンのディスプレイに反映され、スクロールをしないでユーザーの目に届く範囲とすれば、上位5位以内に表示をさせることがインターネットビジネスにおいて最重要課題であることは間違いありません。

しかしながら、そうした検索エンジンの世の中への影響度が確実に大きくなっている状況の中、各検索エンジンそのものも日々変化を遂げ、メールや地図機能、さらにはインターネット閲覧のためのブラウザの無料提供等、新しいサービスが次々とリリースされています。SEO 見積もりそればかりではなく、検索エンジンの最も重要な「検索システム」そのものも、ユーザーにとって正確で、より有益な情報を提供するべく、定期的なメンテナンスと更新が行われています。
企業のSEOに対しての考え方は「自社の商品やサービスを顧客に売るための一つの技術」であることは間違いありません。しかし、検索エンジンにとってみれば「検索サービス」は企業の広告として使われるべきものではなく、あくまでも無料で提供しているユーザーサービスであるわけです。
(Yahoo!のスポンサードサーチ、Googleのアドワーズ等、検索結果画面に反映されている広告もあります。)

ご存知の通り、検索エンジンにて上位表示をさせることがビジネスの上では大きなアドバンテージを取ることが出来るという状況において、現在はSEO対策業者が溢れています。
グーグル SEO対策 集客なかには一部、良心的でないSEO対策業者も存在することも事実で、どんな手を使ってでも顧客のためにアクセス数を増やそうとする行為を検索エンジンは用心するようになりました。「ユーザーにとって、より有益な情報提供」を目的とする検索エンジンにとっては、そうした目的にあった情報を多く含むホームページを上位ランクさせようとする動きをするわけですので、それゆえの定期的な「検索アルゴリズム」(詳細は後に述べます)のメンテナンスと更新です。
具体的にはどのような更新が行われたかということは、検索エンジンの企業秘密であるわけです。とは言え、検索結果の上位に表示されなければビジネスに大きな支障が出ることは間違いのない事実です。SEO 上位表示
検索エンジンとは、インターネット上に公開されたホームページを巡回しながらコンテンツを解釈して、それを検索結果に表示しているわけで、どのような施策をすることでより検索エンジンから上位表示をしてもらえるホームページにしていくかということを検証し、実践していくことが必要ということになります。
とは言っても、企業がホームページを持つことがごく当たり前となり、SEOを意識している昨今において、いかにSEOを施しても「検索結果の上位表示が上手くされない」、また仮に上位表示されても「ホームページからの問い合わせも売り上げも全く出ない」という現状も起きているわけです。
それゆえに、他社との差別化を図るためには、常に検索エンジンのトレンドを予測した対策を立てることが必要になるということです。

このように、ネットユーザーの行動は、検索エンジンがすべてを握っていると言っても過言ではありません。ユーザーは、検索するための「キーワード」を使って必要な情報を入手しているのです。
例えば、「リフォーム」についての情報を得たいとします。その場合は、Yahoo!やGoogleの検索窓に『リフォーム』と入れてクリックをすれば、『リフォーム』に関するホームページが表示されるでしょう。
しかし、ユーザーは『リフォーム』の何を求めているのでしょうか。『住宅のリフォーム』という言葉の意味を調べているのかもしれません。または『服のリフォーム』かもしれません。
もし、住宅のリフォームであれば、『住宅 リフォーム』と検索したほうが、『住宅 リフォーム』に特化したホームページのみが表示されることになります。
さらに言えば、住宅リフォームの中でもその費用を知りたいのであれば、『住宅リフォーム 費用』、キッチンのリフォームなら『住宅リフォーム キッチン』、『キッチン リフォーム』というキーワードが考えられます。

つまり、ユーザーが望む製品やサービスに相当し、ユーザーが検索するであろう「SEO キーワード」にて検索エンジンの検索結果で上位表示をされなければならないということなのです。